皆さんのご意見をお寄せください

先週末に車椅子をご注文頂いたスピッツの4輪の話しです。
私が車椅子を製作するために、一番重要視しているサイズは、A(体高)とB(胴の長さ)、E(体の幅)の3箇所です。
簡単に言えば、縦・横・長さですね。
もちろんその他のサイズも参考にして車椅子を製作していますが、今回の子の場合は、お知らせ頂いたサイズは、A(体高)45cmに対して、D(後足の長さ)25cmというものでした。
体高が45cmで後足の長さが25cmというのは、バランスからして普通はありえません。
体高30cm程度のコーギーでも、後足を普通に曲げた状態での長さは20cm程度はありますので・・・(真直ぐ伸ばしたらもっとあります)
再確認しなかった私も悪いですが、下半身麻痺の子の後足の長さは、非常に測りにくく足を伸ばして測るのと、きちんと立たせた状態(後足を適度に曲げた自然な姿勢)で測るのではかなり誤差がでます。
(製作台数の多いコーギーやダックス、ラブラドールなどは標準サイズを把握していますので誤差が判断できますが、スピッツ用は2台目なので、お知らせ頂いたサイズで車椅子を製作することにしました。)
従って、今まではDのサイズは参考値として車椅子は高さはAのサイズを基準に製作してきました。

以上の判断で製作した車椅子をお送りした結果、車椅子にスピッツちゃんを乗せたら、四肢が全く地面に着かない状態だったそうです。(あまりに高すぎるということです)
採寸は動物病院で測ってもらったそうですが、私とすれば、Aのサイズの指定どおりに車椅子を作ったつもりですが、体に合わないのであれば再度採寸をしていただき、指定のサイズどおりに無料で修正をする旨のご連絡をしました。

ところが今日になっていただいたメールは、なぜDの指定サイズどおりに車椅子を製作しないのか(Dのサイズ25cmを基準に車椅子を作れば、コーギー程度の体高になります)というものでしたた。
また、出来上がった車椅子が箸にも棒にもかからない物であるので、説明を求めるというものでした。

私とすれば、これまで1500台位の車椅子を製作してきて、このような言われ方をしたのが初めてでしたし、一生懸命製作した車椅子をここまでけなされたのは初めての経験でとても悲しい思いをしました。
飼い主さんとの信頼関係がなければ、良い車椅子は作れません。
結局、キャンセル扱いとして車椅子の代金もいただきませんし、返送の送料も着払いで送っていただくようメールをお送りしました。

ネットやメールでのやり取りは、行き違いを生じさせる危険性を大いに含んでいます。
今回の事をひとつの反省材料として、これからのお客様対応に生かしたいと思います。
一方的な話で恐縮ですが、できるだけ公平に状況を記載したつもりです。
以上の話から皆さんの感想をぜひお寄せください。(申し訳ありませんが、メールではなく、このブログのコメント投稿でお願いいたします)
よろしくお願いいたします。

"皆さんのご意見をお寄せください"へのコメントを書く

お名前:
メールアドレス:
ホームページアドレス:
コメント: